@ordinary great days

RSS

日本では、努力は報われない。もともと日本人は勤勉である、という幻想が前提になっているからだ。だから、ブラック企業は横行するし、それに対する対策もうまくいかない。努力しても報われないことが遍在的なので、アメリカ人ならぶち切れてしまうような事態でもおとなしく納得してしまう。これも怠惰のなせる業である。もともと怠惰な上に、努力へのインセンティブがないわけだから、日本人はますます怠惰になるのである。

- 日本人は(案外)怠惰である - 楽園はこちら側

「勤勉な」例外的日本人は、例えばサッカー選手でいえば本田や遠藤である。彼らは常に努力している。自分が変わるための。でも、多くの人たちは指導者のいうままに、何百回も同じようなシュート練習を繰り返すのである。その練習が目的化し、ゴールにより近づくための努力と工夫を怠るのである。日本人はいろいろと怠惰だが、とくにこの「思考の怠惰=思考停止」は深刻な問題だ。

外国からなんらかのコンセプトを輸入する際も、多くは「そのまんま」輸入しようとする。怠惰だからだ。あるいはろくに見もしないで全否定する「ここは日本だ、アメリカじゃない」とか一言で片付けてしまう。怠惰だからだ。外的なコンセプトを咀嚼し、葛藤し、苦悩し、消化しようという努力はそこには見られない。70年代の日本の書物にはやたら「弁証法」という言葉がでてきてぼくらを驚かせるが、本当の意味での弁証法がそこで実践されている気配は、あまりない。

- 日本人は(案外)怠惰である - 楽園はこちら側

highlandvalley:

Twitter / karitarukun: たつや君(28)のお母さん美人過ぎて羨ましいんですがこれは …

highlandvalley:

Twitter / yakisoba: 人の気配が無い奥の部屋で、カタカタ……と、かすかに家具が震え …

highlandvalley:

Twitter / yakisoba: 人の気配が無い奥の部屋で、カタカタ……と、かすかに家具が震え …

shinjihi:

highlandvalley:

Twitter / satake_take: 日本しかやらねぇよw …

今日、横須賀に護衛艦大集結!!

「一度事故が起きれば人間に制御出来ない技術」という文脈で原発について喋るなら、3年前のメキシコ湾の原油流出事故に言及しないのは嘘だよなあと思う。「環境破壊度はチェルノブイリに匹敵」とか「経済損失は単純計算でチェルノブイリ5回分」とか言われてたじゃねえか。

- Twitter / adenoi_today (via toronei)

(via 北川景子、ももクロに加入で「きもクロ」結成! 衣装カラーは“黒”に 4 枚目の写真 | シネマカフェ cinemacafe.net)

(via 北川景子、ももクロに加入で「きもクロ」結成! 衣装カラーは“黒”に 4 枚目の写真 | シネマカフェ cinemacafe.net)

バブル崩壊後の「文化は買い叩くモノ」とか「技術は他から持ってきて安く上げるモノ」とかいう、「努力どころか結果にすらカネを出さない」という信じがたい考え方をする世代が死に絶えないと無理

- Twitter / KengoHirasawa (via igi)

同日に開催された緊急対策セミナーでは、ラックのセキュリティ・コンサルタントである三宅康夫氏が「不正送金犯罪は、日本の銀行を『狙い撃ち』している状況、OSではWindows XP、Vista、7が、脆弱性ではJava、Adobe Flashが特に狙われている」と警鐘を鳴らした。不正送金に利用するマルウェアには、改ざんされたWebページの閲覧と、ウイルスメールの大きく2つの経路で感染している。これらのマルウェアはユーザの認証情報を盗み出すものものあり、100個以上のアプリケーションのパスワードを盗むものも確認されている。また、特定の銀行を狙う犯罪組織は、その攻撃傾向から3種類があるという。

- オンラインバンキング悪用の不正送金、日本が標的に | RBB TODAY (via kogumarecord)

個人的に何回読んでも泣けてくるのが最終章「いまどうしてる?」です。「孤独感を癒す」ために創ったツイッターが原因で、バラバラになったかつての仲間たち……。
ブログサービスの先駆けであるブロガーを創業し、ツイッターも創業し、最初から自分のお金を投資しまくっていたエブ・ウィリアムズさんは、ジャック・ドーシーさんの裏切りでツイッターの実権を奪われる。その経験から、子供たちを「裏切らない人間」に育てようと悩む。そして、iPadもiPhoneもテレビも禁止して、絵本を家族みんなで読み聞かせる……。
テクノロジーで、人間の寂しさ、孤独感は癒せるのだろうか? いつも「ぼっち」だったITオタクたちが創り出したツイッターの創業物語を通じて、人間として何が大事なのかを思い起こさせてくれる作品です。

-

『ツイッター創業物語』-編集者の自腹ワンコイン広告 - HONZ

夢と希望を無くしてしまいそうだ