@ordinary great days

RSS

先日、お手伝いさせていただいた結婚式で

とっても素敵なキセキが起きました。

お父様のことがとても大好きなご新婦。


一足さきに海外で挙げた結婚式で

お父様とバージンロードを歩いた時の

幸せだったそのときの気持ちを嬉しそうに何度もお話してくだいました。

バージンロードを歩くご新婦とお父様のお写真も見せて頂き、

お父様の表情を見ていたら、

きっとお父様も愛する娘へ伝えたいお気持ちが

たくさんあるんだろうなぁと感じました。

花嫁の父こそきっと心に秘めた様々な想いがたくさんあるはず。


でも、なかなか披露宴の中で花嫁の父が想いを伝える機会はありません。

なければ、つくればいい。

というわけで、

ご新郎のご協力のもと

ご新婦のお父様へ連絡をし、

愛する娘へ伝えたい素直なお気持ちを

お手紙につづってきて頂くお願いをしました。

照れくさくて無理、と断られるのも覚悟していましたが

思いのほか、

「伝えたいことがたくさんありすぎてうまくまとめられるかな・・」

という前向きなお答え( ´艸`)

披露宴当日、お父様のお席へご挨拶へうかがいました。

「お手紙、、、、書いていただけましたか?」

そんな私の質問に

照れくさそうに胸ポケットから取り出したのは、

くしゃくしゃの紙。

それは、何度も何度も書き直し、

読み返した跡の残る

くしゃくしゃになったお手紙でした。

そのくしゃくしゃの手紙を見た瞬間

何だか色んなお父様の想いが伝わってきて

思わず胸があつくなってしまいました。

披露宴も終盤。

本来なら花嫁のお手紙の時間。

「ここで、新婦から感謝のお気持ちを込めてご両親へお手紙を・・

といいたいところですが、その前に・・」

お父様にスポットがあたります。

驚くご新婦。

ざわめく会場。


前代未聞の花嫁の父のお手紙の朗読です。

「娘が生まれるとわかった瞬間、嬉しくて嬉しくて・・」


「幼いころはおてんばだった君、怪我をしないか毎日気が気じゃなくて・・・」

溢れ出す愛が溢れた想い出話に

新婦も会場のゲストも涙を流しながら聞き入り

本当に温かい優しい空気が会場を包んでいました。


そして、こんなエピソードが。


「君は小学生のころ、学校でいじめに合っていました。

毎日泣きながら帰ってくる君。

学校に行きたくないと駄々をこねる

君を厳しくしかってしまったこともありました。


けれど、君が眠りについた後、

厳しくしかってしまったことを後悔しながら

君の寝顔を眺めながら

この子だけは何があっても守りぬかなくては

どんなことがあっても自分はこの子の味方でいようと

頬を撫でて語りかけていたものでした。」

このエピソードがお父様の口から語られた瞬間、

ご新婦は堰をきったように顔を覆って涙されました。

その理由はすぐにわかりました。


いよいよ、花嫁からのお手紙。

そのお手紙の中に

なんとこんなエピソードがありました。

「私が小学生の頃、学校でいじめに合っていました。

つらくてつらくて、学校に行きたくなくて

そうお父さんに伝えると厳しく怒られたこともありました。


でも、泣きながら私がお布団に入ってしばらくたつと

お父さんはそっと私の隣にやってきて、

私のほっぺたを何度も撫でてくれましたね。


その手があったかくて優しくてとても安心して、

明日も頑張ろうと思えました。


お父さんはきっと今日まで

私がすっかり寝ていると思っていたと思うけど、、

本当は私、毎晩、起きていたんですよ。


お父さん、あのときはありがとう」

そういって、にっこりとお父様のほうに笑いかけるご新婦。


今度はお父様が顔を覆って涙される番でした。

何十年ぶりに魔法が溶けたように明かされた

ある日の父と娘の素敵な記憶。

お父様からのお手紙と

ご新婦からのお手紙と

その両方のエピソードが重なった瞬間、

幼い新婦の頬を撫でて優しく語り掛けるお父様と、

寝たふりをしながらそんなお父様の気持ちを嬉しく感じている

父娘の姿が、その情景が鮮明に浮かんできて、、、

私は、、、、会場の隅のPA室の裏に隠れて、、、もちろん号泣です。。。

会場も

この素敵な偶然のキセキに感動に包まれ

父娘に贈る温かく優しい拍手がしばらく鳴り止みませんでした。

そこにいる人のすべての心がひとつになった瞬間。

~ One Heart Wedding  ~

まさに体感した瞬間でした。

-

優しい記憶|ウェディングプランナー有賀明美オフィシャルブログI LOVE WEDDING Powered by Ameba

ヤバい。モニタが霞む・・・・( *´Д⊂ グスン…

(via gladdesign)

泣くわ。超泣くわ

(via kotoripiyopiyo)

とあるイタリア人の研究者に言われた衝撃の言葉
「イタリアでは残業をして,有給を消費しないで,ホリデイに休まないヒトは信用されないよ!ワイフやファミリーと上手く行ってないやつに仕事なんか任せられるわけ無いだろう?」「日本人はどうして効率を追求しないんだい?精神論だけではダメダメ!」

- Twitter / cobalt_blue_60 (via mug-g)

オリジナリティとは、誰も思いつかないことを発想することではなく、
同じものを見ても違う発想ができるということだ

- 『「読む・考える・書く」技術』午堂登紀雄・著 vol.2026│「ビジネスブックマラソン」バックナンバーズ (via nakano) (via jacony) (via gintonic) (via mitaimon) (via yaruo) (via motomocomo)

これから芸を身につけようとする人が、「下手くそなうちは、人に見られたら恥だ。人知れず猛特訓して上達してから芸を披露するのが格好良い」などと、よく勘違いしがちだ。こんな事を言う人が芸を身につけた例しは何一つとしてない。

まだ芸がヘッポコなうちからベテランに交ざって、バカにされたり笑い者になっても苦にすることなく、平常心で頑張っていれば才能や素質などいらない。芸の道を踏み外すことも無く、我流にもならず、時を経て、上手いのか知らないが要領だけよく、訓練をナメている者を超えて達人になるだろう。人間性も向上し、努力が報われ、無双のマイスターの称号が与えられるに至るわけだ。

人間国宝も、最初は下手クソだとなじられ、ボロクソなまでに屈辱を味わった。しかし、その人が芸の教えを正しく学び、尊重し、自分勝手にならなかったからこそ、重要無形文化財として称えられ、万人の師匠となった。どんな世界も同じである。

- 徒然草 第百五十段 - 徒然草 (吉田兼好著・吾妻利秋訳)

(出典: yellowblog)

10万円のワインと1000円のワインがあるんで、混ぜたら5万500円の美味しいワインが2本できるかというと、そうはならないんである。ぶち壊しなんである。しかし現実には人間はよくこれをやってしまう。人事とかね。

- Twitter / hironobutnk (via drhaniwa)

ところが、60代のお客さんのなかには、もっと困ったことをする人がいるわけ。たとえば、こんな感じ。例によって、点字ブロックの上に陣取っているので、下がってもらうように言うけれど、まったく知らん顔。そこで、「安全管理のこともありますので、点字部分はお空けいただけませんか」とお願いする。デパートとかでも、点字ブロックの上に荷物とかを置かないよね。それと同じだ。

(これでこのお客さんも、下がってくれるだろう)

そんなふうに思っていたら、何とその60代のお客さん、点字ブロックの前に出て、本当にホームの端っこに立った。ボクは驚いて、「危険ですので、お下がりください」と何度も頼んだ。でもそのお客さん、言うことを聞いてくれないどころか、ボクをまるでバカにするように、ニヤニヤ笑ってこっちを見ているだけなんだ。

そのうち、電車がホームに入ってきた。当然、何度も警笛を鳴らされたけれど、そのお客さんは相変わらずニヤニヤしたまま。そして、停まった電車に乗って行った。何事もなくてよかったけれど。

それにしても、何で60代とかのお客さんは、あんな、まるでボクラに嫌がらせみたいなことをするんだろうか。ほかの世代のお客さんたちは、ああいう嫌がらせみたいな、わざとボクらを困らせるようなことはしない。本当に、団塊の世代の人たちは、よくわからないね。

-

「団塊世代は言うこと聞かない」現役地下鉄駅員によるトウキョウ駅ナカ日記 (via darylfranz)

あいつらカスですよ

(via cole107)

4gifs:

Cat reverts to a restore point. [video]

4gifs:

Cat reverts to a restore point. [video]

(出典: ForGIFs.com)

小林 それと、三つ目が「失敗を乗り越えて行く力」。これは、自分自身の経験からもとても重要だと思っているのね。

 よく、「失敗を恐れずにチャレンジしなさい」って言うでしょ。その割には、失敗できるスペースを子どもたちに十分に与えていないような気がするのね。失敗しないよう、リスクがないように、と過保護に教育しておいて、社会に出たとたん、「はい、ここから先はリスクだらけです。自立して生きなさい」となる。それってすごく矛盾してると思わない?

平井 してる。

小林 失敗することイコール悪という価値観の中で育っているのだから、リスクアバース(リスクを嫌い、回避しようとする)な人間が育ってしまうのは当然だと思うんだ。

- 小学生の65%が存在しない職業に就く予測も 職業クライシスの時代に何を学べばいいの?インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢代表理事 小林りん×BCGパートナー&マネージング・ディレクター 平井陽一朗【前編】|【BCG×フロントランナー化学反応スパーク対談】|ダイヤモンド・オンライン (via clione)

味によって食欲が止まらないのはヒトだけでなくサルでも同じです。サルにジャガイモをそのまま与えると、ある程度食べたら食べるのを止めます。でも、塩味をつけてやるといつまでも食べ続けるのです。つまり、味付けというのは食欲を抑えにくくするわけです。味のせいで太っている場合はあなたのせいではありませんね。その味から遠ざかればいいわけで、対応も簡単です。要は、手に届くところ、目につくところにそういうものがなければ良い

- 内科医が語る35歳からの若さと健康への7大法則(上) (内科医が語る35歳からの若さと健康への7大法則(上)  ) / 松本明子 (via ebook-q)

コーラックの名前の由来

うんこ楽→んこらく→こーらっく

- カオスちゃんねる : お前らの知ってる雑学かいてけ (via gkojax)